スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ゲリピー
2007-10-24-0.jpgいきなりタイトルが汚くてごめんなさい(笑)

でもその通りJが下痢になってしまったのです。

赤ちゃんなんてもともと固形は口にしていないから、大人に比べて下痢っぽいのは当たり前、そもそも赤ちゃんの下痢ってなに?!と思っていたJママだったけれど、経験して初めてわかったかも。

とにかく便の回数が多くて、しかも水っぽいし、何回もオムツからもれて洗濯する羽目に。

何よりもJがお腹の調子が悪いからかよくぐずってかわいそう。

そこで小児科に行きお薬を処方してもらったのです。

粉末状のモノを水や白湯で溶いて玉にして、ママが指を口の中に入れ、頬や上あごに擦り付け、あとは母乳かミルクで流し込みます。

最初の一口目は嫌そうな顔をしていたJもだんだんお口を開けてくれるようになりました。

「良薬は口に苦し」ですが、このお薬、ビオフェルミンも入っていてラムネみたいで結構いけます。
スポンサーサイト
【2007/10/24 06:12 】 | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。